Stockholm Furniture Fair & Northern Light Fair 2011

すっきりでしっかり

すっきりでしっかり広さにゆとりのない部屋にはボリューム感のある家具は置きたくありません。ただ、ペラペラなだけの家具では落ち着きません。

こんな感じならいかがでしょう?

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on Google+Email this to someone

おだんごカーペット

おだんごカーペットファブリックが、厚手で程よい弾力があり、それなりの肌触りなら、それはカーペットには充分な条件なのかもしれません。

絨毯の定番のループ状、糸を絡げた組織でなくても絨毯としての機能を備えていればそれで良かったのです。

こんなおだんごが並んだようなカーペット、きっと寝そべりたくなるに違いありません。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on Google+Email this to someone

出尽くさない

Linie Design

カーペットのいろいろ

Linie Design技術的な難易度は定かではありませんが、絨毯を形作っている糸一本一本を大きくした“だけ”ではありませんか?
それだけなのにこんなに新鮮です。
自分も含めて、しばしばデザインやアイデアについて、“出尽くした”と、見切ったような、わかったようなことを簡単に口にすることがあります。こんな製品に出会うと、そんなことないじゃない!と、意欲が湧いて来ます。

Linie Designという会社のカーペットです。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on Google+Email this to someone

灯りのマジック

ボリューム感カウンター上に二つ並んだ大きなペンダント。

展示会場の広い空間だからこその使い方かもしれませんが、大きいものもこうして使ってみたら素敵です。
あっさりすっきりした家具が多い時には、ボリュームのある灯りを灯してみるチャンス。

また、目の上間近の光を挟んで人と話をするのはなぜだか少しドキドキして、それも素敵です。

灯りはモノじゃありませんから、灯りが占める範囲が増えても、体積感は比例しません。灯りのマジックです。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on Google+Email this to someone

光を置く。

ポッ日本は特に天井に引っかけシーリングがあるのが当たり前ですから、照明といえば、ペンダントか天井に張り付いたような器具が先行してしまいます。

でもほら、この小さいぼんぼりのようなスタンド、かわいいですね。
ちょっといいじゃない。

置くスタイルの照明器具は、たんすなどの高い位置に置くと、天井照明のアレンジになります。意外と素敵です。

小さいものをいくつか使うなら、スイッチングが楽なようにタコ足配線したり、手の届きやすいところにスイッチ部分を置いておきましょう。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on Google+Email this to someone

長い幸せ

ランプ for 働くキッチン黒と白の頑丈そうなスタンドもなかなかいいですが、その上の黒いペンダントに目が行きます。

ジツは作業性の悪い、爪の長いオンナが立ちそうな、体裁だけいいキッチンではなく…

釣った魚をもらえば出刃包丁で自らおろし、
時にはパンもうどんもこね、
完熟トマトは一冬分瓶詰めにする…

そんな、頼りがいのある、おいしい暮らしのための、働くキッチンに続くダイニングにはこんなペンダントが吊るされているような気がします。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on Google+Email this to someone

海が結ぶ世界

レバノン北部の海抜1100メートルのところににMish Mishという村があるそうです。ちなみにmishmishとはあんずという意味だそうですが、Mish Mishはあんずはとれない地域。

さて、そのレバノンは地中海の東の突き当たりに位置します。そんな東西文化の交差点のムード漂うランプではありませんか?

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on Google+Email this to someone

イメージと実際

directionおわんを吊るせばペンダント照明、立てかければアクセント照明。

黒とゴールドでパンチがきいています。
そのコントラストで、一見まぶしい印象も受けますが、光源が見えないように作られているので、まぶしくはありません。だからこんなふう(オレンジ色のチェア上)にも使えます。

ガテンなスタイリングにもいいし、無機質な空間へのアクセントにも。
この器具も眺めていると床の間付きの和室が目に浮かんで来ます。

「使いやすそう、合わせやすそう。」は、もしかしたら本当は“そう見えるだけ”なのかもしれません。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on Google+Email this to someone

それを使うシーン

業務用照明明確な目的のために作られた器具は、照明に限らず、便利で使いやすくできているものです。

日常生活は雑多な用事…さまざまな目的が重ね合わさっているのが常だから、汎用性も大事なポイントです。

この器具の、安定感のために必要な三脚状の足は、広さにゆとりのある部屋でないと邪魔になるかもしれませんが、作業場やアトリエなどで使ったら、雰囲気にもハマるし、サクッと撮影する時には便利に違いありません。

中をとった、便利で使いやすくて汎用性も兼ね備えた道具が増えるといいと思います。
また一方で、使い手の発想で道具の隠れた使い道を引き出してみたいものです。
何だか人付き合いのようです。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on Google+Email this to someone

鳥の声

鳥の巣ランプ半分外のような場所… 軒の長い縁側のようなところなんかに吊るしたら、鳥が遊びに来そうです。

実際は埃っぽくなって掃除が大変かもしれません。
でも元々は木です。プラスチックが汚れるより、汚れが気にならないはずです。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on Google+Email this to someone