ブルガリアだけというわけではありません。

トルコではヨーグルトは食材の必需品です。スーパーでは1.5リットルパックで250円くらいから売られています。もっと大きいパックも普通に売っています。日本との物価の差はあれど、その身近さはパックの容量と値段からも感じ取れると思います。

そして、その使われ方も日本を含むヨーグルト後進国のそれとは違います。まず、塩味を基に使います。

ヨーグルトを乾燥させていない瑞々しいにんにく(すりおろすか、細かく刻む)と塩だけで味付けして、ソース(ドレッシング)を作ります。

そのソースで刻んだきゅうりを和えたさわやかなサラダは日本でもすぐに作れる暑い季節にはおススメの前菜 or サラダです。トルコで採れるセミズオトゥsemizotuを合えると地中海の初夏の味わいです。

塩味のヨーグルトのおいしさはまだまだ広がります。どうぞお楽しみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation