Textile

Anthea Walsh


何があるのかな?ガラスケースのある方へ進んでみる。


意地悪いほど神経質に、細かい刺繍をするかのように、胸の奥にある何かを刺す。
何だろう…?

Fragile Future で感じた何かとどこか重なるような。

それを知らないのは私。




@ Craft Central in London


Share

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on Google+Email this to someone

Sashiko weave of Mikawa cotton


Sashiko weave with Mikawa cotton

simple, warm, strong and soft texture of Sashiko weave with Mikawa cotton

A right, light, strong and proper-sized bag allows me to be active.
The pocket just can keep a slim A4 folder, that’s enough for me.

Sashiko weave(刺し子織) is a simple pattern to realize strong but soft fabric, “looks like” Sashiko patch working but it doesn’t mean the way of stitching, is the name of weaving for this textile. Actually it’s not honey-comb weave but we can feel the similarity when we touch it. It may be becease of the cotton’s character and the process of spinning.

They say

The more you use this bag, the more it gets you.

Yes, the fabric and the technic is based on the making uniforms for Kendo, Judo and Karate. All is in the bag.

Sashiko weave with Mikawa cotton

texture of Sashiko weave with Mikawa cotton

Sashiko weave with Mikawa cotton

accurate stitching work grown in making uniforms for kendo, judo and karate

Sashiko weave with Mikawa cotton

the fabric and sewing work, originally used for making uniforms for kendo, judo and karate, is good for a shoulder bag. I can always keep a photo camera in the bag without taking care if I may hit the corner.

Sashiko weave with Mikawa cotton

The back pocket keeps an A4 folder. I just want to keep a slim folder in A4 size but I don’t need any much wider size to keep thick magazines, books.

Sashiko weave with Mikawa cotton

Sashiko weave with Mikawa cotton, A4 clear folder and sake cup made of tin made by my sister. I need to polish it!




Share

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on Google+Email this to someone

Martha Sturdy

Being busy easily hides mistakes.

マーサ・スターディにデザインについて話を聞いていた時に、彼女が口にしたことば。

この時の“busy”は「うるさい柄」や、「ゴテゴテした飾り」などを指していたが…

busy

忙しい。心を無くすほど何かで塞がっていると、間違いが見えにくくなる。

私の日常は?
ハッとした。

さて、そのマーサ・スターディはレジンを素材にいろいろなアイテムを作っている。

Martha Sturdy's resin color sample

resin color sample


Martha Sturdy

Martha Sturdy

作る過程を楽しそうに説明してくれたマーサ・スターディ

Martha Sturdy

Lamp with fabric by baumann and resin stand by Martha Sturdy

baumann + Martha Sturdy

まっすぐに立ち上がったような。ただそれだけっぽいところがいい。

マーサがセレクトしたbaumannのファブリックと彼女のレジンスタンドを組み合わせたランプ。Studio NOIより。

stump table by Martha Sturdy

resin stump table by Martha Sturdy

切り株のように見えるテーブルはレジンをかき混ぜる時にできる気泡で有機的な印象に。


Share


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on Google+Email this to someone

All Tied Up creators’ Applied Arts

MAKEBA's Mono Pleat with Soybean

MAKEBA’s Mono Pleat with Soybea

All Tied Upのクリエイター情報を集めました。

プロダクトデザインの人々の間ではサイトを持って発信するのが、いわばスタンダードとなっていますが…
あれッ?
テキスタイルの人々はあまりそう考えていないみたい。

Hi, All Tied Up creators who have no website, can I come to see you for an interview to introduce you here?

Fine Artsに対して、手仕事をそのプロセスに含む芸術を「Applied Arts」と呼ぶ(☜グレゴリー・パーソンズ談)と言う。
工芸がどう、アートがどう…と、いちいち否定的にカテゴライズする必要はない。敢えて尋ねられれば、そう説明する。それだけのこと。
だって、手で仕事したからこそできるんだから。
Applied Artsって、自慢です。



Share


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on Google+Email this to someone

All Tied Up @ IDÉE SHOP Midtown

MAKEBA's Mono Pleat with Soybean

MAKEBA’s Mono Pleat with Soybean

All Tied Up — イギリスの現代織物作家の世界 — が東京で行われています。
2013年10月11日(金)〜21日(月)
@ IDÉE SHOP Midtown

美術館に閉じ込めておくようなプライスゾーンではありません。
買って、使って、触って、楽しんで、そして大切にしたくなるファブリックがたくさんあります!

10月11日(金)夕方のオープニングトーク&レセプションの模様です。
▽ ▽ ▽

Gregory Parsons @ All Tied Up

curator: Gregory Parsons @ All Tied Up グレゴリー・パーソンズ


須藤玲子 @ All Tied Up

テキスタイルデザイナー: 須藤玲子さん @ All Tied Up Reiko Sudo



伊東史子 @ All Tied Up

この日は通訳のジュエリー職人、伊東史子さん(右) @ All Tied Up

Gregory Parsons for All Tied Up @ IDÉE SHOP Midtown

Gregory Parsons @ All Tied Up
グレゴリー・パーソンズ & 伊東史子さん




Share


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on Google+Email this to someone

Frédérique Morrel @ スパイラルガーデン


現代の建築空間で見るフレデリック・モレル。

Frédérique Morrel @ スパイラルガーデン


人類の連綿と連なる愛と毒を写すには空間自体も重層的な時間を伴った場所の方が、よりいっそう写る、伝わる、広がる。

Frédérique Morrel フレデリック・モレル

Frédérique Morrel フレデリック・モレル

Frédérique Morrel フレデリック・モレル

Frédérique Morrel フレデリック・モレル

Frédérique Morrel フレデリック・モレル

Frédérique Morrel フレデリック・モレル


妖しのインテリア」今日2013年5月24日(金)から26日(日)までスパイラルガーデンにて。



Share


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on Google+Email this to someone

Butler No. 4 by Ron Gilad

既に活躍している人もおもしろいものを作る。

カーテンでただ仕切ると、隠したいのが見え見えで粋じゃない。

これなら、このバトラーがちゃーんと「隠してませんよ」って演出してくれます。

今度のアトリエにはこれ、使いたい。

Butler No. 4 | Ron Gilad

Butler No. 4 | Ron Gilad

Butler No. 4 | Ron Gilad



Share


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on Google+Email this to someone

Khanittha Nualtaranee

どうしてか惹きつけられてしまいます。

Khanittha Nualtaranee

バンコクのテキスタイルデザイナー/アーティスト、Khanittha Nualtaraneeの作品です。

少し気味悪いような、吸い込まれるような、絡めとられるような…

Khanittha Nualtaranee

Khanittha Nualtaranee



Share

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on Google+Email this to someone

Andrea Brena

ランブラーテにはおもしろいものがいっぱい。

「これ、それでどうするんだろう…???」なーんて、経済活動に参加する(できる)かどうかなんてどこ吹く風?なんてものもたっくさん。

Andrea Brena

編み物は、一般的に編み棒やかぎ針を使いますが、この人は違います。自分の手を使います。

Andrea Brena

Andrea Brena

Andrea Brena


Share

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on Google+Email this to someone

MTX Broderie Architecturale

ミラノ中心地のBrera、ギャラリーの立ち並ぶ路地を歩いていて、ふと覗いた場所。
細い道なので、こんなにボリューム感のある作品があるとは思いもせず。

オートクチュールの刺繍を専門に活躍していたAnnie Trussart アニー・トゥルッサールとPierre-Alain Cornaz ピエール-アラン・コルナズのデュオを中心としたチームが、新たにBroderie Architecturale=建築的刺繍に挑戦したという。

できあがっても、できあがってもまた新しいものを作る。

作品に、そうせざるを得ないクリエイターの心意気を見る。

MTX Broderie Architecturale

MTX Broderie Architecturale

MTX Broderie Architecturale

MTX Broderie Architecturale

Averse | MTX Broderie Architecturale

Averse | MTX Broderie Architecturale

Averse | MTX Broderie Architecturale

Acanthe | MTX Broderie Architecturale

Fragment | MTX Broderie Architecturale

Fragment | MTX Broderie Architecturale

Share

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on Google+Email this to someone