Milano Salone 2012

Studio DRIFT


Fragile Future by Studio DRIFT @ Lambrate 2011

Fragile Future by Studio DRIFT

2011年、ミラノサローネの本会場を離れ、Ventura Lambarateをブラブラし始め、訪れた建物の中。
混んでいる…

何これ…

こんな時には毎度おなじみの“あの”感じ。

うっとりとぽっかりとそしていろいろ混ぜこぜの感覚が前触れもなく訪れる。

その時の気持ちをどうにかしたいが、“見る”しかできない。
角度を変えたり、離れたり近づいたり…
しょうがないから写真も撮る。

調べてみたら、こういう人たち


Fragile Future by Studio DRIFT @ Lambrate 2011

タンポポが光ってる。

Fragile Future by Studio DRIFT @ Lambrate 2011

メカメカふわふわキラキラ

Fragile Future by Studio DRIFT @ Lambrate 2011

生きてるみたい。

Fragile Future by Studio DRIFT @ Lambrate 2011

じろじろ見てる。

Fragile Future by Studio DRIFT @ Lambrate 2011

まだ見てる。

Flylight by Studio DRIFT @ Lambrate 2011

シャボン玉が流れたままの形のまま。

Dandelight by Studio DRIFT @ Lambrate 2011

懐かしい未来のような

Dandelight by Studio DRIFT @ Lambrate 2011

Dandelight

Shylight by Studio DRIFT @ Lambrate 2011

これが来年に続いて行く。

Shylight by Studio DRIFT @ Lambrate 2011

メカメカなたおやか。たおやかなメカメカ。



Share


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on Google+Email this to someone

Analogia @ Ventura Lambrate 2012

見本市ではどこでもたくさんの新しいアイデアに巡り会います。

体力気力がついていかないと消化不良を起こすほどのエネルギーとヴァリエーションを体験します。

あれもこれも伝えたいと思います。撮った写真を見返せばなおさらです。

そこで、今年は少し時間を置いてみました。

出会った現場でもショックを感じましたが、時間がたってもその印象が変わらないのは、今年はこちらでした。

Analogia @ Ventura Lambrate 2012

Analogia

「こんなもの使えない」

いつもの文句が吹っ飛びます。

人間が何を見て、何を思い、何をするかなんて、人間の認識の範囲を超えています。
説明なんて、人間の感覚に追いついていません。

Andrea MancusoEmilia Serraの二人が形にして見せてくれました。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on Google+Email this to someone

心地よさ

2012年のミラノ・サローネ Milano Saloneも終わり、いつの間にか5月も半ばを過ぎてしまいました。

時折、フィラッシュバックのように目に浮かぶチェア。Morosoの左右非対称のチェアです。

Moroso

Moroso


どちらかと言えばネガティヴな先入観で腰掛けてみました。大して座り心地は良くないだろうと…

頭で感じた先入観よりも、座ってみようという行動を起こさせた無意識(?)の動機の方がホンモノだったようです。

そうでした、人間の身体もすっきり対象形ではありません。心臓は身体の真ん中にありません。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on Google+Email this to someone