Masion&objet + Paris Design Week Sept. 2013

Maison du Pastel Henri Roché

Maison du Pastel Henri Roché

レモン色とナスターチウム(金蓮花)レッドのヴァリエーション

Paris Design Week と重なった、2013年のJournées du Patrimoine 文化遺産の日

雨の中、予約したMaison du Pastel Henri Rochéへ。
(↑リンク先に日本語の雑誌記事がいくつかあります!)

小さなお店にぎゅうぎゅう詰めになるくらい盛況で、でメゾンの歴史を話を聞きました。

コンピューターでグラフィックソフトを使ってもデザインはできますが、
パステルがなかったら実現できないアイデア、テクスチャー…たくさんあります。

インスピレーションをかき立てて、使っている心地そのものもパステルの魅力。


Maison du Pastel Henri Roché

こーんなにたくさんの色があります。
中には「陰」という名前の色もありました。

Maison du Pastel Henri Roché

メゾンの歴史とパステルについて

Maison du Pastel Henri Roché

セット販売の品々

Maison du Pastel Henri Roché

Maison du Pastel Henri Roché, façade

Maison du Pastel Henri Roché

Maison du Pastel Henri Roché
お店の情報



営業日・時間:木曜日 14:00〜18:00, その他予約に応じて

その他、セット販売のパステルなら、写真下方に記載の2カ所でも買えます。

Share


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on Google+Email this to someone

Juan Fernando Hidalgo Cordero

Juan Fernando Hidalgo Cordero

ほら。いろんなものが置けるでしょう!

now! le Offで。遠目にナチュラルカラーの作品があることだけはわかる。
何だろうな?

スペイン語で「totora」という、い草に近い植物(日本語ではフトイ→太い藺草という意味)を使ったJuan Fernando Hidalgo Corderoの作品です。

日本でも使うすだれやよしずのように、繊維が伸びる方向のまま使うこともできるそうですが、彼のこの作品では、敢えて断面を使うことで、今までにないテクスチャー感が現れます。

このくるくる置き物マシーン(?)は体験型のフィニッシュ。
応用ヴァージョンでは、マット状にしてカーペットや壁紙としても生産しているそう。

どことなく暖かそうな印象があって、ちょっとコルクにも似たような…

でもこれはトトラです!

この彼もニコニコ楽しそうに説明しています。ますます使いたくなります。続く作品ももっと見たい。

Juan Fernando Hidalgo Cordero

どうなっているかって言うと…

Juan Fernando Hidalgo Cordero

これは何ですか…?

Juan Fernando Hidalgo Cordero

くるくるくる… 高さを揃えます。

Juan Fernando Hidalgo Cordero

さて、平らな状態です。

Juan Fernando Hidalgo Cordero

ほら。いろんなものが置けるでしょう!

Juan Fernando Hidalgo Cordero

「それがどうしたの?」で終わりにしますか?

Juan Fernando Hidalgo Cordero

何を置いてもいいし、この高低差を使って壁材にしてテクスチャーを活かすことだってできます!

Juan Fernando Hidalgo Cordero

ぎゅぎゅぎゅっ… タテ置きもOK, 斜めでも安定します。

Juan Fernando Hidalgo Cordero

くろくる回す…「自分でやる」ってところがまた楽しい!

Juan Fernando Hidalgo Cordero

いいオトコに撮れましたか?



Share


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on Google+Email this to someone

Zakaria Khalfaoui


Zakaria Khalfaoui

持ち運びも楽々です。

Les Docksで開かれていたnow! le Offは、ミラノに照らして言えば、ランブラーテの一角のような…?

そのnow! le Offに出展していた一人、Zakaria Khalfaoui。この人も一本やりです。クラフトボード一本!

他の素材を使うこともあるようですが、この時はこのクラフトボード。

何かのpop-up shopとか、演劇の舞台とか、このクラフトボード一本やりで仕上げたら、ホンモノ使うよりずっとリアルかもしれないよ!

そんなイマジネーションをかきたててくれる、笑顔を伴った一作です。

そう、ストックホルムでもミラノでもパリでも、若手クリエイターたちのブースでは、だいたいがこの彼のように楽しげにプレゼンしてくれます。
でき上がるまでの苦労話も楽しげに話します。
楽しいって、すごい。


Zakaria Khalfaoui

左手前のスタンドみたいな、右に立つお兄さんがデザイナーのZakaria Khalfaoui

Zakaria Khalfaoui

「説明しましょう。」

Zakaria Khalfaoui

こうやって開いて…

Zakaria Khalfaoui

「ほら、ここに全部納まっているんです。」

Zakaria Khalfaoui

「ここにペン型LEDを入れるだけでOK!」

Zakaria Khalfaoui

包むだけで光の質が変わる。そういえばそうだった…

Zakaria Khalfaoui

クラフトボード一本やりの作品です。

Zakaria Khalfaoui

クラフト紙+光源のLED



Share


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on Google+Email this to someone

天気と服装 2013年秋 @ Paris Design Week 6 + Journées du Patrimoine 文化遺産の日 2


2013年9月15日(日)

Masion des Métallos

Masion des Métallos 文化遺産の日

We are fine under the sunshine. 晴れの日は心も晴れ晴れ。

久しぶりに太陽が覗く。快晴ではなくどちらかと言うと曇りだけど、恋しかったから晴れとする。

日中〜夜:Tシャツ、キャミソール、革ジャン、七部丈ストレッチジーンズ、スカーフ、靴下、スニーカー

Paris Design Weekはよそに、Journées du Patrimoine 文化遺産の日の二日目。

Maison des Métallos「金属の家」?
名前に引かれて行ってみる。

労働者の歴史が刻まれたその場所を生き返らせ、ただの展示館にしないで、みんなが集まる劇場にした。

そして、文化遺産の日の今日は、エンジニア兼コメディアンが昔に戻って、当時のオレとしてこの建物と鉄工所の多かったこの界隈と社会のうねりに翻弄された歴史を解説。

そうだよね、江戸東京博物館の解説を落語家の卵なんかにやってもらったらきっと楽しい!



Share


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on Google+Email this to someone

天気と服装 2013年秋 @ Paris Design Week 5 + Journées du Patrimoine 文化遺産の日 1


2013年9月14日(土)

Maison du Pastel Henri Roché

Maison du Pastel Henri Roché

When it rains, just open an umbrella. 雨が降ったら傘をさせばいい。

雨。寒さはそれほどでもないけど、降り続く冷たい雨でひんやりとした一日。
ふと見つけたセーターまでマリンテイストで、ヨットウエアも飽きて来る…  
明日は晴れるらしい。

日中〜夜:ウールセーター、キャミソール、レインコート、七部丈ストレッチジーンズ、スカーフ、靴下、スニーカー

Musée des années 30で開かれている特別展Jean-Jacques Beineix。
「人々は孤独が当たり前」の世界にフッと心が軽くなる。

そしてムードは一転、Maison du Pastelへ。
300年以上続くパステルのメーカー。波瀾万丈のメーカーの歴史とその魅力を聞かせてくれる予約制の訪問。
個人の仕事、求められる他にないものの継承とその方法、考え方をあらためて考えさせられる。

Paris Design Week…?
ええ、でもJournées du Patrimoine 文化遺産の日の週末なのです。



Share


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on Google+Email this to someone

天気と服装 2013年秋 @ Paris Design Week 4


2013年9月13日(金)

La Fayette près de la rue Joubert

クッションにひげが生えていてもいい。

Enjoy comfort under cloud. 曇りは意外と快適。

曇り+にわか雨。ここ数日に比べると寒くない。でも昨日と同じ天気。
アウトドアウエアの中でも、暗い空の下のヨットウエアはカラフルでいい。
革ジャンもあるけど、にわか雨続きの中、やっぱり活躍するのは全天候型の一枚。

日中:Tシャツ、キャミソール、ウィンドブレーカー(ペラペラの)、レインコート、チノパン、スカーフ、靴下、スニーカー
夜:ワンピース、キャミソール、レインコート、スカーフ、タイツ、スニーカー

デパートのショーウィンドウがきれい!という話を耳にしてお土産ショッピングエリアへ。
うーん…言うほどでもないけどね。

La Fayette, Au Printemp, その他インターナショナルメガブランドが立ち並ぶ一本裏手のRue Joubertには、気軽なカフェ、キッシュのお店など、一息つけるお店が集まる。
定食屋代わりにもいい、手入れの行き届いた古いカフェでは、昔なじみの男友達たちが昼間の宴会を開いていたりする。
キラキラしたエレガントなパリもいいけど、この暮らしの匂いがパリの厚み。

フランス語をわからない人も知るフランス語のフレーズ「C’est la vie」.



Share


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on Google+Email this to someone

天気と服装 2013年秋 @ Paris Design Week 3


2013年9月12日(木)

Nouvell Vague @ Centre Pompidou

Enjoy comfort under cloud. 曇りは意外と快適。

曇り。寒い。昨日と同じ天気。
フード付き+撥水加工の上着は欠かせない。

日中〜夜:コットンカーディガン、ヒートテックTシャツ、ウィンドブレーカー(ペラペラの)、レインコート、七部丈ストレッチジーンズ、スカーフ、靴下、スニーカー

Centre PmpidouのboutiqueでNouvelle Vagueのデザイナーたちが集まるvernissage。



Share


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on Google+Email this to someone

天気と服装 2013年秋 @ Paris Design Week 2


2013年9月11日(水)

Dan Yeffet Design Studio

Enjoy comfort under cloud. 曇りは意外と快適。

曇り。寒い。秋が深まった。傘も持っていたけど、使うほどの雨は降らなかった。
この時期、フード付き+撥水加工の上着は便利。

日中〜夜:シャツ、半袖キャミソール、ウィンドブレーカー(ペラペラの)、レインコート、七部丈ストレッチジーンズ、スカーフ、靴下、スニーカー

Bastilleから伸びる線路下のショップをぶらぶら。寂れたところを挟みながら、ここだからこそありえるアトリエやお店が並ぶ。



Share


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on Google+Email this to someone

天気と服装 2013年秋 @ Paris Design Week 1


2013年9月10日(火)

Noir Bois Blonc Bois

Enjoy comfort under cloud. 曇りは意外と快適。

曇り。ほんの少し覗く太陽とにわか雨。Louvreのガラスのピラミッドを透過して虹も。

日中〜夜:Tシャツ、キャミソール、チノパン、革ジャン、スカーフ、靴下、スニーカー



Share


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on Google+Email this to someone

天気と服装 2013年秋 @ Maison&Objet à Paris 4


2013年9月9日(月)le Off! Maison&Objet 2013 à Paris

When it rains, just open an umbrella. 雨が降ったら傘をさせばいい。

日中は雨雨雨。にわか雨の予報だったのに、ずっと降る…
ディナータイムになってやっとあがった雨。

日中:シャツ、半袖キャミソール、チノパン、フード付きレインコート(大活躍)、スカーフ、スニーカー、靴下。☞ もう一枚着ていても良かったくらい。
夜:ワンピース、半袖キャミソール、一重コート、靴、タイツ。



Share


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on Google+Email this to someone